こんな問題をホスピタルインが解決します!
 
遠方からの通院、付添い・看護・見舞いや診察までの長い待機時間等、通院の患者さまと付き添いのご家族の皆さまには身体的・時間的負担が大きくなっています。
 
ホスピタルイン獨協医科大学は、「病棟のベッドと家庭の寝室」の中間的な位置づけの宿泊施設です。日本社会の急速な高齢化の進展、これに対応した大型高機能病院を急性期医療に特化させるための医療制度改革が進む中、「病院と連携した新しいコンセプトの病院敷地内の宿泊施設」の必要性を痛感し、このたび学校法人獨協学園のご賛同を得て、真に役立つ宿泊施設、ホスピタルイン獨協医科大学をオープンいたします。